<ブリヂストンオープン 初日◇20日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>

悪天候によるコースコンディション不良のため、2011年の「フジサンケイクラシック」以来6年ぶりに初日の競技が中止となった国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」。54ホールの短縮競技となった第1ラウンドが20日(金)、スタートした。

【関連写真】石川遼も!初日の競技は中止に…3時間待ったギャラリーたちに選手らがファンサービス
今大会が日本2戦目となる石川遼は9時10分にリオ五輪銅メダリストのマット・クーチャー(米国)、賞金ランク2位の宮里優作とティオフした。出だしの10番はパーとしたが、続く11番でバーディを奪取。1アンダー・4位タイでプレーしている。

クーチャーは10番で“おはようバーディ”を決めて、同じく1アンダーでプレー中。宮里は10番、11番とパーとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>