19日(木)、米国女子ツアーの来シーズン出場権をかけたセカンドQTが米国フロリダ州のプランテーションゴルフ&カントリークラブで開幕。その初日、川岸史果は2バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“75”でラウンド。3オーバー・102位タイと出遅れた。

【スイング解説】父譲り!?“飛ばし要素”が満載の川岸史果
もう1人の日本勢・小竹莉乃も1バーディ・5ボギーの“76”で4オーバー・120位タオと苦しいスタート。6アンダーでトップのAlazne Urizar Zapataとは初日から大きく離された。

セカンドQTの予選落ちなしの4日間で上位80人にファイナルQT進出の権利が与えられる。ファイナルQTの日程は11月30日(木)〜12月3日(日)で、新シーズンの出場枠は上位20選手だ(トップ80に入れなかった場合も2018シーズンのシメトラツアーメンバーシップを保持できる)。あと3日間あるだけにここから巻き返したいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>