<京都レディースオープン 初日◇19日◇城陽カントリー倶楽部 東コース(6,381ヤード・パー72)>

国内女子ステップ・アップ・ツアー最終戦「京都レディースオープン」初日の競技が終了。野澤真央が4アンダーで単独首位、1打差2位には酒井千絵、そして2打差・3位タイには勝みなみ、豊永志帆、篠原まりあ、坂下莉翔子、新垣比菜、そしてアマチュアの小倉彩愛がつけた。

【ルーキー特集】ステップで大活躍中!2017年プロテスト合格者一覧
今大会の開催コース、城陽カントリー倶楽部にゆかりがあるのは今季プロテストに合格した坂下莉翔子。同志社大学時代に「週2回は練習にきていました」という馴染みのあるコースで、応援にかけつけた人も多かったという。

姉の莉彗子とともに姉妹プロゴルファーとして注目される坂下だが、実はもう一人の“姉”が…。それは、現在ステップ賞金ランク1位で賞金女王を争う谷河枝里子。ともに兵庫県の鳴尾ゴルフ倶楽部所属で水巻善典に師事。坂下にとって、谷河は“姉弟子”だ。

谷河はステップの年間獲得賞金額記録を更新する2,000万円以上をすでに獲得しているだけに「本当にすごいなぁ、って。私も…頑張る力になります」と大きな刺激を受ける。

尊敬する姉弟子は賞金女王に近づいているが、自身も大学時代の思い出の地で優勝のチャンス。「自分のできることをやり切ります」と意気込んだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>