<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 初日◇19日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,507 ヤード・パー 72)>

4週ぶりの日本ツアー復帰となった韓国の“セクシー・クイーン”ことアン・シネが、初日に“78”の大叩き。97位タイと大きく出遅れた。

セクシー・クイーンがひさびさ復帰!日韓美女プロ共演はLIVEフォトで
朝から雨に見舞われた「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」の第1ラウンド。上が黒、下が赤のレインウエアで10番ホールをティオフしたシネは、前半の9ホールを3バーディ・3ボギーと波のあるプレーでハーフターン。後半にスコアを伸ばしたかったが、逆に6つのボギーを叩く大乱調となり6オーバーでのホールアウトとなった。

初日のプレーについては、「ショット、パット含めて全般的に上手くいかなかった。理由は分からない」と浮かない表情。「これまでにはなかった」と前置きしつつ、「コースの中で頭が真っ白になった。どうプレーしたのか分からなくなることがあった」と首をかしげた。

「韓国語がしゃべれないキャディは初めて」という日本人キャディ・望月龍太氏とのタッグでこの大会に臨んでいるが、「会話があまりできなかった。まだ気軽に話せる感じではなかった」と語った通り、2日前に初顔合わせという状況では、コミュニケーション不足が否めない。望月キャディも、「距離の計算方法が違うなど戸惑うところがあって、コースマネジメントの部分でうまく声をかけられなかった」と肩を落とした。「2日目は少しでもいいスコア、いいプレーを出せるようにサポートしたい」と、第2ラウンドを見据えた。

初日を終えた時点での予選カットラインは1オーバー。決勝進出のためにはビッグスコアが必要だ。「私たちに休む時間はない。予選突破のためには、きょう(練習を)頑張らないと」と、気合を入れ直したセクシー・クイーン。明日こそ、望月キャディとの二人三脚でスコアを伸ばしたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>