<京都レディースオープン 初日◇19日◇城陽カントリー倶楽部 東コース(6,381ヤード・パー72)>

国内女子ステップ・アップ・ツアー最終戦「京都レディースオープン」が10月19日(木)に開幕。今季出場したステップ3試合ですべてトップ10に入っている新垣比菜はプロ初優勝へ向けて、首位と2打差・3位タイと上々の位置につけた。

【関連写真】今季のプロテスト合格者写真一覧!
「自身のショットの調子は悪くない」としながらも優勝に届きそうで届かない試合が続く新垣。「山陽新聞レディースカップ」2位タイ発進、「かねひで美やらびオープン」3位タイ発進、「日台交流うどん県レディース」3位タイ発進と初日のスタートはいいものの、そこから伸ばせない傾向に悩む。

「ラウンド中に首位に立っても、首位になった次のホールですぐ落とすことが良くあるんです…ボードは見ていないんですけどね。流れに乗り切れていない。だから今大会はゾーンに入りたい」と、優勝争いのなかでこそ、集中力を高めなければ勝てないと実感している。

セカンドQT免除を受けられる優勝を手にするチャンスは今大会が最後。「今年はプロテスト同期が3人も勝っているので、私も勝ちたいです」。勝みなみ、金澤志奈、吉本ひかるに続き、今季4人目のルーキー優勝者となることはできるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>