<京都レディースオープン 初日◇19日◇城陽カントリー倶楽部 東コース(6,381ヤード・パー72)>

国内女子ステップ・アップ・ツアー最終戦「京都レディースオープン」が10月19日(木)に開幕。今年の「日本女子オープン」で一躍脚光を浴びたアマチュアの小倉彩愛が首位と2打差・3位タイと好スタートを切った。

【関連写真】ステップ最終戦初日の模様を200枚を超える写真で振り返る!
「全体的には2打目や3打目の寄せも悪くなかった。バーディを5つ獲れたので」と振り返った小倉。雨の降る難しいコンディションで多くのプロが苦しむなか、5バーディ・3ボギーの2アンダー。「日本女子オープン」で大会最少スコアローアマ(11アンダー・3位)に輝いた実力を京都のギャラリーにみせつけた。

今季のプロツアーの出場は、「日本女子オープン」以来の2試合目だがプレーは堂々たるもの。「緊張も何もなく…このコースは難しいと聞いていたので、目標は2日間トータルでのアンダーパーでした。初日は2アンダーだったので、明日もアンダーパーで回りたい。(優勝は)チャンスがあれば狙いますが、気負わずいきたいです」と展望を語った。

ステップ・アップ・ツアーの過去のアマチュア優勝者は5名で、今年は5月の「静ヒルズレディース 森ビルカップ」で平塚歩夢(あむ)が達成。1シーズン中に2名のアマチュア優勝となれば、史上初の"珍事"となる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>