<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 初日◇19日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,507 ヤード・パー 72)>

前半の6ホール目まで1アンダーだったスコアが、突然3オーバーまで崩れた葭葉ルミ。理由はクラブ超過のミスによる4罰打だったが、最終的にはイーブンパーまで盛り返し、25位タイで第2ラウンドに進むことになった。

葭葉ルミがドレス姿でナイスショット!特選女子プロ写真館
クラブハウスに戻ってくるなり、「やっちゃいました」と苦笑いした葭葉。インからスタートした直後の3ホールを2バーディ・1ボギーとし、1アンダーで迎えた15番パー5のセカンドショットを7番アイアンで打とうとした時だった。同じ番号のアイアンが2本バッグに刺さっていることに気付いたという。

前日練習したシャフト違いの7番アイアンを抜き忘れたのが原因だったが、すぐにマーカーの原江里菜に7番アイアン1本の不使用を宣言。ゴルフ規則4-4a クラブ超過(※1)により、バーディだった10番とボギーだった11番のスコアにそれぞれ2打ずつ罰が科された。

葭葉にとって「クラブ超過は初めて」の経験。しかし、「自分のミスで落としたので、逆に集中できるようになった。ショットもパットも調子は良かったので、(スコアを)戻せる気持ちはあった」と振り返ったように、ここから奮起。5バーディ・2ボギー・1トリプルボギーの“72”でホールアウトした。

首位タイに並んだ5人のスコアは3アンダー。もし4打の罰がなければ単独首位に立っていた。それについては、「もったいないとは思う。悔しいことは悔しい」と顔をしかめたが、「プレー中には考えないようにしていた。自分が確認していなかったのが悪い」と潔く反省。その切り替えの早さが、後半の巻き返しに繋がった。

2日目以降については、「ミスが分かった時には、“予選落ちか”と思ったけど、(その後)アンダーパーで回ってこられたので、ここから優勝争いができるように頑張りたい」と、前を向いた24歳。持ち前のドライバーショットのような、豪快なジャンプアップに期待したい。

※1 ゴルフ規則4-4aクラブの選定と補充(抜粋・要約)
プレーヤーは、14本を超えるクラブを持って正規のラウンドをスタートしてはならない。
規則4-4aの違反の罰は、(持ち運んでいたクラブの超過本数にかかわらず)ストロークプレーでは違反があった各ホールに対し2打。ただし、1ラウンドにつき最高4打まで(違反のあった最初の2ホールに各2打の罰)。

<ゴルフ情報ALBA.Net>