<ブリヂストンオープン 事前情報◇18日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>

明日から4日間の日程で開催される「ブリヂストンオープン」に、7月の「全英オープン」で2位、16年のリオ五輪では銅メダルを獲得したマット・クーチャー(米国)が招待選手として明日開幕する「ブリヂストンオープン」に参戦。日本ツアーへの参戦は、2002年の「カシオワールドオープン」以来15年ぶりとなる。

【スイング連続写真】石川遼が振り返る… 自身のベストスイングっていつ頃?
クーチャーは、米ツアーの出場権を失い先週の「日本オープン」から国内戦に復帰している石川遼と、現在賞金ランク2位の宮里優作と共に予選ラウンドを戦う。「石川とは2、3回一緒になったことがあるが、楽しいラウンドだった。若くて素晴らしい選手だと思うし、PGAで活躍することを願っている。あと彼に必要なのは、安定性だと思う」とかつて同じ戦場で戦っていた石川にエールを送った。

15年ぶりの日本での参戦については「とても興奮している。大会がとても楽しみ。良いプレーをして結果を出せたら一番。良いパフォーマンスをしたいと思っています」と意気込みを語ったクーチャー。今回は家族と一緒に来日しており、京都観光など日本での時間を楽しんでいる様子。ファンの間では“クーチ”という独特の掛け声で呼ばれる。「父も祖父も同じニックネームだった。日本のファンにも言ってもらえると嬉しい」、袖ヶ浦CCでも“クーチ”コールが巻き起こるか!?

<ゴルフ情報ALBA.Net>