<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 事前情報◇18日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,507 ヤード・パー 72)>

19日(木)から始まる国内女子ツアー「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」で、久々の日本ツアー出場となるアン・シネ(韓国)。この試合から新たにタッグを組む望月龍太キャディとともに、日本復帰戦での活躍を誓った。

【関連写真】ついに私服写真を追加!アン・シネフォトギャラリー
3週前の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」以来の日本ツアー出場となるシネ。試合会場のマスターズゴルフ倶楽部については、きのうのプロアマで初めてラウンド。この日はアウトコースのみを回り、「風はいっぱい吹いていたけど、昨日よりは楽にプレーできた」と、相変わらずのスマイルでコメントした。

この大会からは相棒も変わった。ミヤギテレビ杯-を最後に、日本参戦後全試合バッグを担いでいた韓国人のナム・ギュハキャディとのコンビを解消。今回は、日本人の望月キャディとのタッグで試合に臨んでいる。昨日のプロアマで、初めて一緒にラウンドしたという望月キャディによると、「マンシングウェアレディース東海クラシックの時に話をもらった。元々(この試合では)他の選手のバッグを担ぐ予定だったが、たまたま空いたので(タッグを)組むことになった。日本語と英語で話している」とのこと。「(キャディは)本当はプロに気を遣わせてはいけないのだが、すごく気を遣ってもらっている。人が良くてやりやすい」と、関係も良好のようだ。

試合に向けて、宿泊するホテルで和牛のバーベキューを行ったというシネ。「韓国のお肉より脂がのっていて、肉なのかマグロなのか分からないくらい柔らかくておいしかった」というご馳走でエネルギーを充填。明日からのプレーについては、「バーディをたくさん獲るのも大事だけど、チャンスが来ることを待つことも大事」と分析した。

初日が雨の予報だったため恒例のウエア予告は、「競技に影響しないウエアを着ようと思う」とだけ話したセクシー・クイーン。豪華な顔ぶれがそろった今大会でも、その存在感はギャラリーの注目を集めそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>