<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 事前情報◇18日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,507 ヤード・パー 72)>

19日(木)から4日間の日程で開催される国内女子ツアー「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」を、ホステスプロとして迎えるイ・ボミ(韓国)。今季2勝目に向けて意気込みを語った。

ボミがサンタさんに変身!?最新オフショット満載の特選写真館
ボミにとっては、所属する延田グループの主催であり、日本で拠点としている兵庫での試合ということもあり、「いつもより力が入る試合」。とはいえ、先週の「富士通レディース」では、日本参戦後自己ワーストとなるシーズン4度目の予選落ちとなり、「もちろん優勝したいけど自信もない」と弱気の虫が顔を出すほど苦しい状態にある。

試合を翌日に控えたこの日も、「調子はまぁまぁだと思います」と景気のいいコメントは出なかった。前日のプロアマ戦ではプロ野球・読売巨人軍の原辰徳前監督と2年連続でラウンド。昨年は「頑張ってね」と激励を受けたが、今年は「(悩みを乗り越えるには)練習しかない」とエールを贈られたという。小林浩美日本女子プロゴルフ協会会長からは、「腰がちゃんと回ったのに球が左に行くのが問題。タイミングにだけ気をつけたら」とアドバイスを受けたことを明かし、「教えてもらったことを練習したら、少し良くなった」と笑顔を見せた。

またこの日は、自らがアンバサダーを務めている「本間ゴルフ」の新製品「Be ZEAL(ビジール)535」(12月に販売予定)の発表会にも参加。新しいドライバーとアイアンを手に、「とても打ちやすいので、お母さんにも買って贈った。球が上がるだけでなく、打感もいい。アマチュアの方にとっては楽しいゴルフができる」とPRした。

現在賞金ランクは21位と、2年連続賞金女王としては苦しい状況が続いているが、優勝賞金が3,240万円というこのビッグトーナメントの結果次第では、残り試合での逆転もまだまだ可能だ。「高い目標を今持っても無理だと思うので、毎日アンダーパーで回れるようにだけ頑張ります。今週はホステスプロとして、たくさんのギャラリーの方に、頑張っている姿と笑顔を見せたい」と謙虚に意気込んだ賞金女王の“ビッグスマイル”を、多くのギャラリーが待ち望んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>