<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 事前情報◇17日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,507 ヤード・パー 72)>

19日(木)より4日間の日程で国内女子ツアー第33戦「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」が行われる。開幕に先立ち17日(火)、賞金総額1億8,000万円・優勝賞金3,240万のビッグトーナメントのペアリングが発表された。

【関連写真】ホステスのイ・ボミが七変化!私服にドレスにマー君との2ショットも!
先週、日本参戦後ワーストとなる今季4戦目の予選落ちを喫した、悩めるホステスプロ、イ・ボミ(韓国)は西山ゆかり、吉田弓美子と同組に。2013年に延田グループと所属契約締結後、未だに今大会には縁がない。今年こそ最高の結果で恩返ししたいところだ。

残り試合で最高額となる賞金額の大会だけあって賞金女王争いも気になるところ。賞金ランク1位のキム・ハヌルは申ジエ(韓国)、笠りつ子と、同2位の鈴木愛は柏原明日架、渡邉彩香との組み合わせ。また、3位のイ・ミニョンは葭葉ルミ、原江里菜と、4位のテレサ・ルー(台湾)は木戸愛、松森彩夏と同組と2,000万円差以内の中にひしめく賞金ランク“ビッグ4”は別々の組で予選ラウンドを戦うこととなった。

また、一週間ぶりに復帰する「日本女子オープン」覇者・畑岡 奈紗は昨年覇者の全美貞(韓国)、上田桃子と、「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」以来の日本ツアー参戦となるセクシークイーンことアン・シネ(韓国)は三ヶ島かな、堀琴音と若手美人プロ2人とティオフする。

ホステス、女王争い、シード権争い…様々な思いが交錯する今大会。日本ゴルフ発祥の地である兵庫で今シーズンを占う一戦の幕が開ける。

【国内女子賞金ランキング】
1位:キム・ハヌル(112,304,000円)
2位:鈴木愛(109,613,800円)
3位:イ・ミニョン(106,949,500円)
4位:テレサ・ルー(93,178,000円)
5位:申ジエ(79,432,000円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>