<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 事前情報◇16日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,507 ヤード・パー 72)>

賞金総額1億8,000万円、終盤戦の賞金ランキングを大きく左右する、国内女子ツアー第33戦「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」が、兵庫県のマスターズゴルフ倶楽部にて19日から4日間の日程で開催される。

ドレス姿がモデルみたい!キム・ハヌルのフォトギャラリー
2003年より行われている同大会。今年は賞金総額が4,000万円増額の1億8,000万円・優勝賞金3,240万円となった。ツアー屈指の高額賞金をかけてのこの戦いに並々ならぬ闘志を燃やすのが、現在賞金ランク2位につける鈴木愛。

先週の「富士通レディース」では、同ランク首位を走るキム・ハヌル(韓国)よりも上の単独4位でフィニッシュ。獲得賞金480万円を加算して、ハヌルとの差を約270万円まで近づけた。昨年の今大会では、首位タイで最終日を迎えるも最終日にスコアを伸ばしきれず、 “65”と驚異の追い上げを見せた全美貞(韓国)に逆転され、優勝を逃した悔しい思い出も。ここで今季3勝目を挙げ、昨年の雪辱を晴らすと共に賞金女王の座も狙いたい。

また、2週連続優勝がかかるテレサ・ルー(台湾)は現在賞金ランク4位。ハヌルとの差を約1,913万円まで縮めて、賞金女王の座も射程圏内に入った。もちろんハヌル、また賞金ランク3位で富士通-で2位に入ったイ・ミニョン(韓国)も参戦。女王争いを考えればどの選手も今大会上位にフィニッシュは必須だ。

もう1人頑張らなければならないのは主催者である延田グループ所属のホステスプロのイ・ボミ(韓国)。富士通-では日本参戦後ワーストとなる今季4度の予選落ちを喫するなど決して状態は良いとは言えないが、何とか気持ちで大会を盛り上げたい。

その他、「日本女子オープン」で大会連覇を飾った畑岡奈紗、地元・兵庫県での参戦となるささきしょうこ、山田成美、竹内美雪らの活躍にも注目が集まる。

今週を含めて残り6試合となった国内女子ツアー。賞金女王争いも佳境に入った終盤戦、総勢108名による熱戦が繰り広げられる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>