<富士通レディース 最終日◇15日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,662ヤード・パー72)>

賞金ランクトップ5の3人が最終組に入った今年の「富士通レディース」。その内、5位のテレサ・ルー(台湾)が優勝し、その結果を受けて賞金ランク4位に浮上。また賞金ランク3位のイ・ミニョン(韓国)が2位で、賞金ランク2位の鈴木愛が4位と好位置で大会を終えた。

キム・ハヌル特選写真館!あなたはロングヘア派?ショートカット派?
そんな中、最終組の2つ前から出た賞金ランクトップのキム・ハヌル(韓国)は4バーディ・4ボギーの“72”とスコアを伸ばせず7位タイ。賞金ランクで下につける3人に詰め寄られた。「今日はアップダウンの激しいラウンドでしたね。もうちょっとボギーを減らしたかったですね。(樋口久子 三菱電機レディス、TOTOジャパンクラシックを欠場予定のため)2週間日本から離れる分、頑張りたかったので残念です」と話した。

それでも最後に賞金ランクトップの意地を見せた。18番パー4でパーオンできず、3打目のアプローチは「ちょっと強く入ってしまった」とピン奥5mへ。だが、これをねじ込んで執念のパーセーブ。「最後のパットが入ると入らないでは全然気持ちが違う」と次戦に向けて良い仕上がりとなった。

今回テレビ解説をしていた賞金女王経験者の村口史子と樋口久子が、鈴木愛の最後のパーパット時に「賞金女王にはこういうのが大事(村口)」「その積み重ねです(樋口)」とやりとりしていた。なるほど、もし、ハヌルの最後のパーパットが外れていれば10位タイに転落。獲得賞金でいえば7位タイなら220万だが、10位タイなら118万円。約半分となっていた。シーズンを振り返ったときに、今日のパーパットを決めていたから女王になれた。そんなエンディングへの布石だったかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>