<日本オープンゴルフ選手権 最終日◇15日◇岐阜関カントリー倶楽部 東コース(7,180ヤード・パー70>

国内男子メジャー「日本オープン」の最終日。全選手が前半の競技を終え、2位と5打差の10アンダー単独首位で出た池田勇太が2バーディ・1ボギー・1ダブルボギーとスコアを1つ落とし、トータル9アンダーでハーフターン。後続に1打差と詰め寄られている。

池田勇太に勝利の女神!ハウスキャディは土屋太鳳似の21歳
1打差の2位にはアマチュアの金谷拓実(東北福祉大学1年)、3打差の3位に賞金ランク3位のチャン・キム(米国)が続いている。

賞金ランク首位の宮里優作は3バーディ・7ボギーの“74”と振るわず、トータル4オーバー42位タイで大会を終えている。

なお、金谷が優勝を遂げれば、1928年大会で浅見緑蔵がマークした最年少優勝記録19歳281日を更新(19歳145日)となる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>