<イタリアオープン 3日目◇14日◇ミラノGC(7,156ヤード・パー71)>

欧州男子ツアー「イタリアオープン」の第3ラウンドが終了し、5バーディ・1ボギーの“67”をマークしたマット・ウォレス(イングランド)がトータル17アンダーで単独首位に立っている。

【関連】海外メディアも松山英樹のスイングに注目 連続写真解析
2打差の2位タイには、ディフェンディングチャンピオンのフランチェスコ・モリナリ(イタリア)と2週連続Vを狙うタイレル・ハットン(イングランド)が並んでいる。また、3打差の4位タイには、キラデク・アフィバーンラト(タイ)とジョージ・クッツェー(南アフリカ)が続いている。

ちなみに、日本から参戦していた谷原秀人はトータルイーブンパーの105位タイに沈み、予選落ちとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>