<富士通レディース 最終日◇15日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,662ヤード・パー72)>

千葉県の東急セブンハンドレッドクラブ西コースで行われている国内女子ツアー「富士通レディース」。雨が降るなか最終日のラウンドが始まり、最終組の3人も1番をティオフしている。

混戦の富士通レディース最後に笑うのは誰だ?LIVEPHOTOで見逃すな
第2ラウンドで6バーディ・ノーボギーの“66”をマークし、トータル11アンダーで単独首位に立ったイ・ミニョン(韓国)は、バーディパットを決められずパー。2打差の2位でスタートしたテレサ・ルー(台湾)は、3打目をグリーン奥のカラーにオーバーさせたものの上手く寄せてパーセーブ。3打差3位の鈴木愛は、3パットのボギーとして最終ラウンドをスタートした。

2日目を終えて首位から5打差までに8人がひしめく混戦となっており、優勝争いは最後まで目が離せない展開になりそうだ。


<ゴルフ情報ALBA.Net>