<日本オープンゴルフ選手権 3日目◇14日◇岐阜関カントリー倶楽部 東コース(7,180ヤード・パー70>

80大会ぶりに記録を塗り替えるかもしれない。27位タイで予選を突破したアマチュアの金谷拓実は、この日は1イーグル・5バーディ・2ボギーの“65”をマーク。スコアを5つ伸ばし、トータル5アンダーで首位に5打差の2位タイに急浮上した。金谷は高校2年生だった2015年に、「日本アマチュアゴルフ選手権」を最年少記録の17歳51日で制覇。同年の日本オープンは最年少(17歳148日)でローアマを獲得したが、82回目を迎える今大会では、第2回大会で作られた最年少優勝という偉大な記録に挑む。

【関連】海外メディアも松山英樹のスイングに注目 連続写真解析

出だしはボギーだったが、4番(パー4)でセカンドショットを1.5メートルにつけてバーディとしてスコアを戻す。そして、7番(パー5)では残り220ヤードのセカンドを3番ユーティリティでピン右手前8メートルにつけると、これをねじ込みイーグルを奪取。これで流れを掴むと、9番から4連続バーディを奪取。17番ではボギーとしたが、「自分でも驚いている」という会心のプレーで優勝戦線に浮上した。

「ティショットをフェアウェイに置けて、そこからのアイアンも良かった。予選もまあまあ(フェアウェイに)行っていましたが、今日は外れたのが1、2回でした」と、安定したティショットからバーディを量産した。

金谷は、松山英樹、池田勇太、谷原秀人らを輩出したゴルフの強豪・東北福祉大学の1年生。寮で生活し、トレーニング施設も完備した充実した練習環境でウデを磨いている。現在は体作りに力を入れ、2年前にローアマを獲った時よりも、「体重は10キロ弱増えましたね。現在は67キロです。飛距離は20ヤードは伸びたと思います」と、大幅なパワーアップに成功。距離のあるパー4が多いこのコースで、結果を出せている理由にもなっている。

2年前のこの大会では予選ラウンドを2位で通過、3日目は最終組で回った。「あの時は技術的にもまだまだな状態で、たまたま入っちゃった感じです。2年前よりはちょっと上手くなったかなと思います」と、今週は自身の成長を感じられるという。

明日は最終日最終組でのラウンド。「しっかり自分のプレーをしていきたい。それしか考えられないです」。奇しくも大学の大先輩で、昨年の賞金王である池田との直接対決。もし金谷が逆転できれば、1928年の第2回大会で浅見緑蔵がマークした最年少優勝記録の19歳281日を、19歳145日で抜くこととなる。池田とは5打差。抜くことは容易ではないが、大先輩に競り勝った時にまた1つ大会の歴史に名を刻む存在となる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>