<日台交流うどん県レディースゴルフトーナメント 2日目◇14日◇満濃ヒルズカントリークラブ(6,354ヤード・パー72)>

ステップ・アップ・ツアー第20戦「日台交流うどん県レディース」。2日目を終え、トータル5アンダーの首位には、「カストロールレディース」で今季1勝を挙げている豊永志帆、プロ2年目の安田彩乃、ルーキーの吉本ひかるがつけた。

【画像】ステップ・アップ・ツアーで台湾の「きれいなお姉さん」発見!
「今日はショットもパットもよく…パットは入っていないときでもいい感触で打てていた」と順調にスコアを伸ばし、後半の13番にはトーナメントリーダーに並んだ安田。続く14番は3mをパーパットを残すピンチを迎えるが、きっちりと沈めて4バーディ・ノーボギーの"68"。最終日最終組でツアー初優勝へ挑むこととなった。

6月の「ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディース」でも、最終日を最終組で戦うが、プレーオフに1打届かず、試合後には涙を流した。それだけにシーズン終盤に訪れたチャンスは逃したくない。「"あのときよりも安田は成長したな!"って思ってもらえるように。また自分でも思えるように。気負わず淡々とプレーできたら」とリベンジを誓った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>