<富士通レディース 2日目◇14日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース (6,662ヤード・パー72)>

降雨によるコースコンディション不良のため、午前8時15分から競技を中断していた国内女子ツアー「富士通レディース」の第2ラウンドが、午前9時に再開された

雨の影響でスタート直後に中断した富士通レディースの今の状況をLIVEPHOTOでチェック!
スタートホールの10番パー5で、グリーンのカラーからの4打目を打つ前に中断となったイ・ボミ(韓国)。45分の中断を経てのバーディパットは、ピンの横を通り抜けパー。このあと、第2ラウンドでの巻き返しがなるか注目だ。

中断の影響で、後続の選手たちのスタート時間も45分遅れとなり、2週連続優勝を狙う吉田弓美子は、権藤可恋、福田裕子とともに午前9時15分にスタート。賞金ランク首位を走るキム・ハヌルは、李知姫(ともに韓国)、小橋絵利子と午前10時15分、初日に5アンダーで首位に並んだ4人のうち、笠りつ子、ささきしょうこ、イ・ミニョン(韓国)の3人が、午前11時15分に1番をティオフする。

【主要組のスタート時間】
9時15分:吉田弓美子、権藤可恋、福田裕子
10時15分:キム・ハヌル、李知姫、小橋絵利子
10時55分:藤本 麻子、藤田光里、辻梨恵
11時05分:鈴木愛、テレサ・ルー、柏原 明日架
11時15分:笠りつ子、ささきしょうこ、イ・ミニョン