<CIMBクラシック 2日目◇13日◇TPCクアラルンプール(7,005ヤード・パー72)>

マレーシアのTPCクアラルンプールで行われている米国男子ツアー「CIMBクラシック」。初日を2アンダーの23位タイとした松山英樹が、2日目のラウンドをスタートさせている。

【関連】海外メディアも松山英樹のスイングに注目 連続写真解析
10番ホールをティオフした松山は、スタートホールでいきなりバーディを奪う幸先のいいスタート。3アンダーの18位タイに順位を上げて、11番ホールへ向かった。

初日を終えた時点では、8アンダーの単独首位にキャメロン・スミス(オーストラリア)。1打差の2位タイには、プーム・サクサンシン(タイ)とザンダー・シャウフェレ、キーガン・ブラッドリー(米国)が並んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>