<日本オープンゴルフ選手権 2日目◇13日◇岐阜関カントリー倶楽部 東コース(7,180ヤード・パー70>

岐阜県の岐阜関カントリー倶楽部 東コースで行われている国内男子メジャー「日本オープン」。初日を2オーバー61位タイと出遅れた石川遼が、2日目のスタートを切った。

【関連】石川遼セレクション!自身のベストスイングを連続写真でチェック
10番パー4ホールからティオフした石川。ティショットを右ラフにいれ、左足下がりの傾斜から打った2打目はグリーン手前のクリークに入るいきなりのトラブル。そのまま打った3打目は、グリーン奥のラフへ。その後のアプローチもピンを越えてカラーまで行くなど、結局5オン・1パットのダブルボギー。4オーバーとした石川は、1ホール目を終えた時点で85位タイに後退。60位タイまでの予選突破に向けて、苦しいスタートとなった。

初日を終えた時点では、2015年大会覇者・小平智と自身ツアー初の首位発進となった浅地洋佑が、6アンダーで首位に並んでいる。


<ゴルフ情報ALBA.Net>