<日本オープンゴルフ選手権 初日◇12日◇岐阜関カントリー倶楽部 東コース(7,180ヤード・パー70>

国内男子メジャー「日本オープンゴルフ選手権」で日本ツアーに復帰した石川遼。初日は2バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“72”でラウンド。2オーバー61位タイと出遅れた。

【関連】石川遼セレクション!自身のベストスイングを連続写真でチェック
出だしの1番(パー4)では、幸先良くバーディを奪った石川。この1番と2番(パー3)ではティショットが「振り切れていた」が、徐々に「キレがなくなってしまった」という。そして8番(パー4)では、ティショットが右に曲がりOBとなり痛恨のダブルボギー。その後もショットが右に曲がる場面が目立ち、スコアを取り戻せずに終わってしまった。この日の出遅れは、途中からティショットで「弱気な部分が出てしまった」のが原因。「自分がアメリカで上手くいかなかった理由が皆さんに伝わったと思う」と唇を噛んだ。

ただ、見せ場もつくった。16番(パー4)では、グリーン左手前のラフからの3打目を難度の高いロブショットでピタっと寄せて、ギャラリーから喝采を浴びた。「(16番のアプローチは)自分が打ちたかったショット、ああいう思い切りの良さが必要だった」と、終盤に自分に必要なものを思い出したことは、唯一の救いだろう。

「ここから自分がどう立て直していくかだと思う」。現在予選カットラインを下回る位置。日本ツアー復帰戦から試練となったが、明日は最後まで自分を信じ、思い切りのいいプレーを徹頭徹尾貫けるかが勝負となる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>