10月8日(日)付けの男子世界ランキングが発表された。

天国へ義父へ…優勝した優作は天を仰いだ
国内男子ツアー「HONMA TOURWORLD CUP」で今季3勝目を挙げた宮里優作が、前週の138位から103位に浮上。同大会で2位に入った片山晋呉も159位から128位に順位を上げた。

米国ツアーの開幕戦「セーフウェイ・オープン」を連覇したブレンダン・スティール(米国)は59位から47位に浮上。欧州ツアー「アルフレッドダンヒルリンクス選手権」で連覇を達成したタイレル・ハットン(イングランド)は7ランクアップの22位まで順位を上げた。

上位の選手たちは先週をオープンウィークとした者が多く、トップ10では大きな順位の変動はなかった。松山英樹は前週と変わらず3位にランクインしている。

【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(11.83pt)
2位:ジョーダン・スピース(10.42pt)
3位:松山英樹(8.86pt)
4位:ジャスティン・トーマス(8.38pt)
5位:ジョン・ラーム(7.73pt)
6位:ローリー・マキロイ (6.69pt)
7位:リッキー・ファウラー(6.50pt)
8位:ヘンリック・ステンソン(6.38pt)
9位:ジェイソン・デイ(6.33pt)
10位:ブルックス・ケプカ(6.11pt)

52位:池田勇太(2.34pt)
58位:谷原秀人(2.25pt)
76位:小平智(1.83pt)
103位:宮里優作(1.49pt)
107位:今平周吾(1.44pt)
128位:片山晋呉(1.25pt)
135位:片岡大育(1.20pt)
226位:石川遼(0.80pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>