<アルフレッドダンヒルリンクス選手権 最終日◇8日◇セントアンドリュース オールドコース>

欧州ツアー「アルフレッドダンヒルリンクス選手権」の最終日。首位から出た昨年覇者のタイレル・ハットン(イングランド)が6バーディ・ノーボギーの“66”をマーク。スコアを6つ伸ばしトータル24アンダーで逃げ切り大会連覇を達成した。

亡き義父へ…天を仰ぐ宮里優作
トータル21アンダーの2位は、この日“61”と爆発的なスコアをマークしたロス・フィッシャー(イングランド)。またトータル17アンダー3位には9つスコアを伸ばしたビクター・デュビッソン(フランス)が入った。

今大会をもって約3か月の休養期間に入ると表明しているローリー・マキロイ(北アイルランド)はこの日“72”とスコアを伸ばせずトータル4アンダーでフィニッシュ。63位タイで競技を終えた。

【最終結果】
1位:タイレル・ハットン(-24)
2位:ロス・フィッシャー(-21)
3位:ビクター・デュビッソン(-17)
4位T:ロバート・ロック(-14)
4位T:マーク・ウォーレン(-14)
4位T:グレゴリー・ボーディ(-14)

63位T:ローリー・マキロイ(-4)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>