<HONMA TOURWORLD CUP 3日目◇7日◇京和カントリー倶楽部(7,190ヤード・パー71)>

国内男子ツアー「HONMA TOURWORLD CUP」の第3ラウンド。全選手が前半の競技を終え、宮里優作がトータル16アンダー単独首位で折り返している。

宮里家が勢ぞろい!家族みんなで記念撮影
宮里はこの日の前半を3バーディ・ノーボギーでラウンド。順調にスコアを伸ばし、コースレコードを更新する“61”をマークした初日、2日目に続いて単独首位をキープしている。2打差2位には池村寛世、首位と3打差の3位には今季初優勝を狙う大堀裕次郎が続いている。

また、今平周吾が現在10ホールを消化して7バーディ・ノーボギーと猛追。トータル10アンダー11位タイでプレー中。

その他では、昨年覇者の池田勇太はトータル6アンダー23位タイでこの日をスタート。15ホールを消化してトータル8アンダー18位タイに。現在賞金ランク首位、2週連続優勝を目指す小平智はトータル6アンダー34位タイにつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>