<スタンレーレディスゴルフトーナメント 2日目◇7日◇東名カントリークラブ(6,589ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「スタンレーレディスゴルフトーナメント」の2日目。3週連続優勝を狙う畑岡奈紗が前半ラウンドを終え、トータル4アンダー4位タイにつけている。

試合中の選手の表情は写真でチェック!ライブフォト更新中
2アンダー8位タイから出た畑岡は、2日目の前半を3バーディ・1ボギーの“34”でラウンドして後半へ突入。現在トータル6アンダー単独首位には昨年覇者のアン・ソンジュ(韓国)が、1打差2位タイには、テレサ・ルー(台湾)、全美貞(韓国)が続いている。

また、現在賞金ランク首位を走るキム・ハヌル(韓国)は3アンダー7位タイに、昨年大会ではプレーオフの末に敗れたイ・ボミ(韓国)は、トータル1アンダー19位タイにつけている。

その他では今年のプロテストをトップ合格、初日を畑岡に並ぶ2アンダー8位タイにつけた松田鈴英がトータル2アンダー15位タイで折り返している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>