<かねひで美やらびオープン 2日目◇6日◇かねひで喜瀬カントリークラブ(6,581ヤード・パー72)>

10月5日(木)〜10月7日(土)の日程で開催されるステップ・アップ・ツアー第19戦「かねひで美やらびオープン」。初日1アンダー・首位タイ発進を決めた勝みなみは、2日目もこの日10人しかいないアンダーパーの"70"を記録して単独首位に。プロ2勝目に王手をかけた。

【関連写真】30度を越える灼熱の中腕まくりをする選手も…2日目をフォトギャラリーで振り返る!
前半で2つスコアを伸ばし、単独トーナメントリーダーとなった勝は、後半は2バーディ・2ボギーで、終盤にはバーディチャンスを決めきれなかったが、ともに最終組で回った谷河枝里子に1打差をつけ、首位を守ってホールアウトした。

初日は29.7度、そして2日目は30.2度。初日より風がなかった分、厳しい日差しが選手たちを苦しめ、予選カットラインはトータル8オーバー。アンダーパーは5名のみのなか、貫禄のトータル3アンダー。「鹿児島でもこういう天候は慣れているので、鹿児島に戻った気分です。楽しく回れました」と笑顔で語る余裕を見せた。

過去にプロテスト合格後、同年中にステップ・アップ・ツアーで2勝したルーキーはいない。勝が今季2勝目を達成すれば新記録となるが、「明日はまた違ったゴルフになるので、そこまでは考えていません。でも2日目が勝負だな、と思っていましたが、しっかりアンダーで回れたのは良かった。最終日も普段どおり、目の前の1打に集中して回るだけです」。優勝を意識せず、平常心を保って戦う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>