<石川遼 everyone PROJECT Challenge 初日◇6日◇ロイヤルメドウゴルフ倶楽部(7,162ヤード・パー72)>

兄の名前がついたプロトーナメントで新たな一歩だ。石川遼が主宰を務める国内男子下部チャレンジトーナメント「石川遼 everyone PROJECT Challenge」は2日間競技の初日を行い、石川遼の弟・石川航(浦和高校3年)が2バーディ・2ボギーの“72”でイーブンパーの51位タイフィニッシュ。カットラインギリギリながらプロトーナメントで初めて予選通過を果たした。

初タッグは2年前… 兄の背中をずっと追ってきた
石川は2016年のレギュラーツアー「RIZAP KBCオーガスタ」で初めてプロトーナメントに挑むも、トータル21オーバーで予選落ちを喫するなどプロの洗礼を浴びた。今年の同大会でもトータル10オーバーで2年連続予選落ち。それだけに、下部ツアーとはいえ初の予選通過は確かな成長の証だ。

出場した7人のアマチュアで予選通過を果たしたのは石川だけで、明日の最終日を完走すれば自身初のローアマチュアも確定。副賞であるレギュラーツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」への出場権も自力でつかむ見込みとなっている。

この日はINのトップから出て、前半17番パー3ではティショットを4メートルにつけてバーディを先行。続く18番では約150ヤードを1メートルにつけて連続バーディとし、一時は上位に顔を出した。後半は耐える展開が続き「パーオンがなかなかできなくて、ピンチもあってその中で2つボギーが出てしまった」と5番、6番の連続ボギーで失速したが、上がり3ホールを小技でしのいで踏みとどまった。

「やっぱりカットライン上にいるかなと思って、後半は少しシビれちゃったかな。でも、今日は自分の中ではいい調子で出来たので明日も引き続きこの調子でやりたい」。兄の石川遼も年内は国内ツアーに出場する意向を示しており、ツアー会場で再会する可能性もある。まずは最終日にスコアを伸ばして良い知らせを届けたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>