<HONMA TOURWORLD CUP 2日目◇6日◇京和カントリー倶楽部(7,190ヤード・パー71)>

国内男子ツアー「HONMA TOURWORLD CUP」の第2ラウンド。70歳の尾崎将司がこの日3バーディ・2ボギーの“70”で回り、2013年の「つるやオープン」第1ラウンドで“62”を記録して以来、自身4年ぶり2回目のエージシュートを達成した。

【関連ニュース】ジャンボ尾崎が宮里藍引退についてコメント「俺みたいにしぶとくやるタイプもいるけどな」
4オーバー115位タイから出た尾崎は、スタートホールでボギー先行させると、3番パー4でもスコアを落とす。続く4番でバウンスバックすると、前半8番・後半10番とバーディを奪取しアンダーパーに。その後はパーでしのぎ切り、1アンダー“70”でフィニッシュを果たした。偉業達成となったが、トータル3オーバーで今季初の予選通過は厳しい見込みとなっている。

全選手がティオフしている現時点で、トータル11アンダー単独首位に岩本高志、1打差2位タイに賞金ランク2位の宮里優作、香妻陣一朗、片山晋呉が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>