<かねひで美やらびオープン 初日◇5日◇かねひで喜瀬カントリークラブ(6,581ヤード・パー72)>

10月5日(木)〜10月7日(土)の日程で開催されるステップ・アップ・ツアー第19戦「かねひで美やらびオープン」。今季から新設されたトーナメントには、プロアマ含め10名以上の沖縄出身者が出場しているが、最もギャラリーを引き連れていたのは、ルーキーの新垣比菜だった。

まだまだ暑い!沖縄から大好評のステップLIVEフォトをお届け
首位と1打差となるイーブンパー・3位タイで初日を終え、「すごく暑かったですが、ロングパットが何度か入ってくれて良かったです」と振り返った新垣。スタートホールの1番で10mのバーディパットを沈めると、1アンダーで迎えた折り返しの10番でも10mのバーディチャンスをモノにした。15番パー4で4オン2パットのダブルボギーを叩いてしまうが、イーブンパーは守ってホールアウトした。

風の影響で全体的にスコアが伸び悩んだ初日は、アンダーパーは勝みなみ、谷河枝里子の2人のみ。「前半はとくに強かったですね。気になりましたが、アゲインストのときは、低く出すように意識したり、フォローのときは番手を下げたり。すべてが上手くいったわけではないですが、まずまずかなと思います」という通り、イーブンパーは十分合格点だろう。

「トップとは1打差なので巻き返していければと思います。地元での優勝を目指して頑張りたい」と2日目への意気込みを語った。今季はすでに勝と金澤志奈がステップ・アップ・ツアーでルーキー優勝を達成。地元で2人に続くことができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>