2016-17シーズンが「ツアー選手権」をもって閉幕。今年のPGAツアーの「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」が現地時間4日(水)に発表され、昨季の年間王者ジャスティン・トーマス(米国)が栄誉に輝いた。

年間王者が見せる、おちゃめな表情
「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」は、シーズンで公式戦に15試合以上出場した選手たちの投票によって選ばれる、いわば“同じ仲間から選ばれた”賞。今年は候補者としてダスティン・ジョンソン、ジョーダン・スピース、ジャスティン・トーマス(いずれも米国)、松山英樹が挙げられていたが、現地時間の今月2日(月)に投票が締め切られ、フェデックスカップのタイトルを手にしたトーマスが見事MVPに選ばれた。

8月の「全米プロゴルフ選手権」で初のメジャー制覇をはじめ、ツアー5勝を修めたトーマス。出場25試合中「ツアー選手権」での2位に加えて、4度のトップ5フィニッシュ。このほか、スピースに並ぶ12回のトップ10入りを果たしている。

【歴代の受賞者】
2016年:ダスティン・ジョンソン
2015年:ジョーダン・スピース
2014年:ローリー・マキロイ
2013年:タイガー・ウッズ
2012年:ローリー・マキロイ
2011年:ルーク・ドナルド
2010年:ジム・フューリク

<ゴルフ情報ALBA.Net>