国内女子ツアー「日本女子オープン」終了時点の賞金ランキングが発表され、2週連続優勝&連覇を達成し優勝賞金2,800万円を獲得した畑岡奈紗が、賞金ランク17位に浮上。「富士通レディス」終了時の35位以内に与えられる日米共催競技「TOTOジャパンクラシック」の出場権をほぼ確実なものとした。

私服姿はまるでモデル!賞金女王のオフショットも満載のフォトギャラリー
また、賞金女王争いに変化が。先週まで1位キム・ハヌル(韓国)と2位鈴木愛の差は約1,300万円あったが、同大会で3位にアマチュアの小倉彩愛(おぐらさえ)が入ったことから、4位に入った鈴木が3位相当の1,078万円を獲得。23位に終わったハヌルは約107万円しか獲得できず、1位はキープしたものの約300万円差と詰め寄られた。

また今大会を終えての賞金ランキング上位7名の選手に、12月1日(金)〜3日(日)の3日間、愛知県にある三好カントリー倶楽部 西コースで開催される、女子4ツアーによる対抗戦「THE QUEENS presented by KOWA」(ザ・クイーンズ)の出場資格が与えられた。出場資格が与えられたのは、鈴木愛、川岸史果、成田美寿々、比嘉真美子、上田桃子、笠りつ子、堀琴音の7名。このメンバーに主催者推薦の2名を加えた9名が、日本ツアーチームの代表として韓国ツアー、欧州ツアー、オーストラリアツアーとの戦いに挑む。

その他、今年の「サマンサタバサレディース」で日本ツアー初参戦初優勝を挙げ、来季の賞金シード獲得を目指すキム・ヘリム(韓国)は5位タイに入り約590万円を獲得。残り4試合で賞金ランク50位以内を目指していく。※サマンサ-を優勝したときの賞金は当時LPGAの会員ではなかったため加算されない。

【国内女子賞金ランキング】
1位:キム・ハヌル(108,079,000円)
2位:鈴木愛(104,813,800円)
3位:イ・ミニョン(92,799,500円)
4位:申ジエ(78,421,000円)
5位:テレサ・ルー(73,828,000円)
6位:川岸史果(72,269,000円)
7位:李知姫(68,055,350円)
8位:成田美寿々(61,747,016円)
9位:比嘉真美子(59,923,350円)
10位:全美貞(58,158,033円)
11位:上田桃子(55,600,165円)
13位:笠りつ子(50,516,133)
15位:堀琴音(47,842,832円)

17位:畑岡奈紗(42,376,000円)
20位:イ・ボミ(40,080,800円)
80位:アン・シネ(7,408,999円)
87位:キム・ヘリム(5,926,666円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>