<マッケイソン・ニュージーランド女子オープン 最終日◇2日◇ウインドロスファームGC (6,416ヤード・パー72)>

悪天候の影響で順延されていた最終日の残りのラウンドを全選手が終了し、カナダのブルック・ヘンダーソンがトータル17アンダーで優勝。米国女子ツアーの新規大会であるこの大会の初代女王となった。

畑岡奈紗が圧勝した日本女子オープンを珠玉の写真で振り返ろう
5打差の2位にはヤン・ジン(中国)、6打差の3位にはパク・ヒヨン(韓国)、7打差の4位にはジェニファー・ソング(米国)が入った。3日目まで首位を守っていたベレン・モゾ(スペイン)は、最終ラウンドで6つスコアを落とし、トータル9アンダーの5位タイでフィニッシュしている。

日本から唯一出場している上原彩子は、3アンダーの35位タイから再開した残り3ホールをすべてパーとし、29位タイで4日間の競技を終了している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>