<日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日◇1日◇我孫子ゴルフ倶楽部 (6,706ヤード・パー72)>

国内メジャー第3戦「日本女子オープン」は、1日(日)に全日程を終了。今大会を終えての賞金ランキング上位7名の選手に、12月1日(金)〜3日(日)の3日間、愛知県にある三好カントリー倶楽部 西コースで開催される、女子4ツアーによる対抗戦「THE QUEENS presented by KOWA」(ザ・クイーンズ)の出場資格が与えられた。

【関連写真】ドレスアップした女子プロ達が美でも対決!?4ツアー対抗戦いよいよ開幕
出場資格が与えられたのは、鈴木愛、川岸史果、成田美寿々、比嘉真美子、上田桃子、笠りつ子、堀琴音の7名。このメンバーに主催者推薦の2名を加えた9名が、日本ツアーチームの代表として韓国ツアー、欧州ツアー、オーストラリアツアーとの戦いに挑む。

昨年大会では、笠りつ子が主将として日本ツアーチームを引っ張ったが、申ジエをキャプテンに、今年の「サマンサタバサレディース」で日本ツアー初出場初優勝を達成したキム・ヘリム、「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で2位に入ったコ・ジンヨンらを擁する韓国ツアーチームに逆転負け。最終日の個人戦では、1勝もできない(7敗1分)という屈辱を味わった。

それだけに2015年大会で主将として、「自分にできることは何でもやろうと思っている。全責任は私が取るのでみんなには勝つことだけに集中してもらいたい。今年は絶対に勝つ」と勝利至上主義を掲げ、見事チームを優勝に導いた上田の選出は、昨年のリベンジに向けて大きな意味を持つだろう。

日本ツアー代表に選出されたことについて上田は、「去年出られなかったので、今年は開幕から出たいと思っていました。頑張りたいですね。韓国ツアーは毎年、アメリカに行ってなくても他のツアーで通用するような若くて強い選手が出てきます。ですが、気持ちと経験で頑張っていきたいですね。チームワークで頑張るしかない」と語った。

【日本ツアー代表選出選手()は賞金ランク】
1番手:鈴木愛(2位)
2番手:川岸史果(6位)
3番手:成田美寿々(8位)
4番手:比嘉真美子(9位)
5番手:上田桃子(11位)
6番手:笠りつ子(13位)
7番手:堀琴音(15位)

<ゴルフ情報ALBA.Net>