<トップ杯東海クラシック 3日目◇30日◇三好カントリー倶楽部西コース (7,325ヤード・パー72)>

国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」の3日目、一時は単独首位に立った時松隆光だったが、17番パー4でダブルボギー、18番パー4でもボギーを叩き、結局“69”でフィニッシュ。トータル10アンダー、首位と1打差の3位タイで最終日を迎える。

月収1億円の夏 “シンデレラマン”時松隆光
最低でも2ケタアンダーで3日目を終えたいと前日語っていた時松。その目標は達成したものの、ホールアウト後の表情は浮かなかった。それもそのはず、上がり2ホールで3つもスコアを落としたからだ。

「17番では4メートルのパーパットを無理に沈めにいったのが…。返しの1メートルを外したのも痛かったですね。18番はグリーン奥からのアプローチで、フワッとボールを上げようとしたのですが、クラブヘッドが下を潜ってしまい、グリーンに届きませんでした」

16番までは好調なパットを武器に7つのバーディを奪い、順調にスコアを伸ばしたものの、上がり2ホールを締めることができない悔しさを噛みしめた。しかし、時松にとっては気の毒なことが1つあった。16番パー3で同組のスンス・ハン(米国)がトラブルに見舞われ、プレーに時間を要し、前組との間隔が空いてしまったことだ。

「スロープレーのペナルティをとられないように急がなければいけないという気持ちになったことは確かです」。人のいい時松だけに、はっきりとはいわなかったが、17、18番は距離が長いうえにアゲンストになる。けっして飛ばし屋ではない時松にとっては、ナーバスになるホールだけに、プレーのリズムが乱れたことがパットやアプローチのミスにつながったのかもしれない。

「明日は片山晋呉さんと同組ですが、存在感がありますからね。その中で自分のゴルフができて、アンダーパーを出せればいいですね」

切羽詰まった気持ちよりも、あわよくば優勝というスタンスで最終日に臨むという時松。そのためにも、17、18番の上り2ホールではしっかりとリベンジするつもりだ。

文/山西英希

<ゴルフ情報ALBA.Net>