<日本女子オープンゴルフ選手権競技 3日目◇30日◇我孫子ゴルフ倶楽部(6,706ヤード・パー72)>

2日目にホールインワンを達成し、一気に上位戦線へと顔を出したアマチュアの小倉彩愛。この日行われた第3ラウンドでも4バーディ・2ボギーの“70”とスコアを2つ伸ばし、トータル9アンダーで4位をキープ。4打差で最終日を迎えることとなった。

いずれ小倉もこの中に?2017年プロテスト合格者一覧
「今日も緊張はなかった」と堂々としたプレーを見せた小倉。「今日は攻める攻める、という感じではなく、160ヤードを超えるところはなるべくピンを狙わないように。ショートアイアンで打てるところは攻めたかなという感じです」とメリハリをつけた大人なゴルフで優勝争いに踏みとどまった。

この日は女子ツアーの大先輩である有村智恵、鈴木愛と同組でのラウンド。「有村さんは昔から憧れて尊敬している選手で、鈴木さんもパットの名手なので一緒に回れるのがすごく楽しみでした。目の前でプレーを見て、自分もギャラリーみたいな気持ちになっちゃいました(笑)2人ともすごく優しくしてくれて、とても回りやすかったです」と笑顔を見せた。

続けて「有村さんは私たちが打つときにギャラリーが動くと“止まってください”と声をかけてくれたりプロフェッショナルだなと思いました。鈴木さんは5m以内のパットを入れてくる、というオーラがありました」とメジャーチャンプ2人のプレーに刺激を受けていた。

明日の目標を聞かれると「優勝は全然考えていません。まずはローアマを獲ること。チャンスが出てくれば少しずつ目標を変えていきたいと思います」と話した17歳。畑岡奈紗が54ホールの最少スコ「-13」を叩き出し、予選カットラインは最少スコアを2打更新する「2オーバー」となるなど、記録ラッシュに沸いている今大会。最後に畑岡の持つ最年少メジャー優勝記録を抜くことができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>