<日本女子オープンゴルフ選手権競技 3日目◇30日◇我孫子ゴルフ倶楽部(6,706ヤード・パー72)>

アマチュアとして出場した「全米女子オープン」で2位フィニッシュ。若き実力者がようやく優勝争いに顔を出した。「日本女子オープン」の3日目、第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われ、チェ・ヘジン(韓国)がトータル9アンダーの4位タイに浮上。首位と4打差の優勝圏内で最終日へと向かう。

日韓美女が鮮やかに舞う!女子プロの生写真ならLIVEフォトギャラリーで
ヘジンは残っていた第2ラウンドの4ホールでノーバーディ・2ボギーとスコアを2つ落としたが、第3ラウンドで復調。「昨日のミスを第2ラウンドでは引きずってしまいましたが、第3ラウンドからはスコアを守るようなプレーを心がけました。またミスを引きずらずにプレーできたのが良かったと思います」。次の18ホールでは5バーディ・ノーボギーの“67”とこの日2番目に良いスコアを叩きだし、一気に上位戦線へと返り咲いた。

トップの畑岡奈紗がトータル13アンダーで54ホールの大会最少スコア記録を出すなど、伸ばし合いとなっている今年の戦い。それでもヘジンは「難しいコースだと思っています」と話す。

「スコアを出せるコースだと思いますがある意味難しい。グリーンのアンジュレーションがきついし、ピンの位置がマウンドの位置に切ってあります。フェアウェイキープも優しくありません。また、長くないホールでスコアを出さなきゃいけないプレッシャーもあります」。激闘を演じた全米女子オープンの舞台、トランプナショナルGCと比較して「ラフの長さは違いますが、難しさ、難易度は似ていると思います」と語った。

「日本に来るたびにたくさんのギャラリーが応援してくださる。嬉しいと思うし、それに乗って試合を楽しみたいですね。最後まで良いプレーを見せて、良い思い出を作って帰りたいと思います」

アメリカで奪えなかったナショナルタイトルを、日本で掴むことはできるのか。最終日は申ジエ(韓国)と最終組の1つ前でスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>