<トップ杯東海クラシック 3日目◇30日◇三好カントリー倶楽部西コース (7,325ヤード・パー72)>

国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」の3日目、前日首位の小平智が6バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“70”で回り、トータル11アンダーでキム・ヒョンソン(韓国)とともに首位をキープした。

【スイング解説】小平智は「飛ぶ要素が詰まってる」スイング
1番パー4でいきなり約2・5メートルのバーディパットを沈め、好調なスタートを切った小平。しかし、続く2番パー5で思わぬ落とし穴が待っていた。ティショットを左に曲げ、ボールはラフの中へ。そこから一度フェアウェイに出そうとしたが、ボールは木に当たって再び左ラフに。続く3打目はフェアウェイを越えて右ラフまでいき、そこからグリーン奥のバンカーに入れる。なんとか1メートルに寄せたものの、1パットで沈めることができず、5オン2パットのダブルボギーとした。

小平曰く、「自分は後ろにボールを戻すのが嫌いなんですよ。たとえ1ヤードでもいいから前に打ちたいんです」とあくまで強気。わずかな隙間があれば、たとえ成功する確率が低くてもそこを狙うのが小平流なのだろう。スコアメイクを考えれば、けっして得策ではないかもしれないが、それだけショットに対して自信がある証拠だともいえる。実際、続く3番パー4、5番パー3では1ピン前後につけてバーディを奪い、逆にスコアを伸ばしてみせた。

「結局悪かったのは2番の1ホールだけですし、バーディパットは初日、2日目同様に入っていますからね」

今季は何度か優勝争いに絡みながら勝ち切れていないが、その原因はパッティングにあった。しかし、今回は大事なところでしっかりと決めることができているので、何の心配もないという。

「明日は優勝しか考えませんし、自分のゴルフに徹してぜひ優勝したいですね」。現在賞金ランキング4位の小平だが、上にいる3人が今大会では上位にきていない。それだけに、優勝をすると一気に賞金ランキングのトップに躍り出る可能性は大きい。悲願の賞金王に向けて、まずは今季初優勝を飾っておきたいところだ。

文/山西英希

<ゴルフ情報ALBA.Net>