<ウェブドットコムツアー選手権 2日目◇29日◇アトランティックビーチCC (6,849ヤード・パー71)>

まさに首の皮一枚で希望が繋がった。米国男子ツアー入れ替え戦の最終戦「ウェブドットコムツアー選手権」で、初日イーブンパーの94位タイに沈んだ石川遼。来季のシード権を掴むためには予選突破が必要というプレッシャーの中、この日8バーディ・2ボギーの“65”を叩き出し、トータル6アンダーの45位タイに浮上。来季のシード権獲得に向け、週末2日間の戦いに全てをかける。

丸山茂樹の息子・奨王がジュニアプレジデンツカップに出場
初日後半の大失速については、「昨日はもうこんな状態じゃもうここにいても意味ないなと思ったけど、なんとなく気持ちを切り替えられた時に今日は大丈夫だなっていう気がした」という石川。シード権確保に向けては崖っぷちに追い込まれていたが、この日 “65”を叩き出し、ひとまず窮地を脱したことについては、「このスコアで回れる自信はあった。6アンダーでぎりぎり予選通れるかと思っていたので、できれば7〜8まで行ければと思ったんですけど」と強気のコメントを述べた。

「入れ替え戦の4試合で今の実力と現在地がわかるって言ってたし、思ってた」という石川。これまでアメリカで挑戦している中で、自分の力を否定したり、自信が持てなかったり、「自分のなかで常にもやもやしているものがあった」ことを告白。しかし、昨日と今日のプレーを通して、「もっとできるって心の底から思えた。ここからは絶対に前にすすもう、上にあがろうという気持ちしかない」と前向きになれたという。

とはいえ、現時点ではまだ予選を通過しただけ。全4戦の入れ替え戦での賞金ランクが25位以内の選手に与えられる来季の米国男子ツアーのシード権。今大会の開幕前まで賞金ランク22位だった石川にとっては、シード権獲得を確実にするには20位以内でのフィニッシュをめざす必要がある。

「今日は本当に結果に一喜一憂しないで、1打1打やっていくっていうのが何年ぶりにできたんだろうっていう感覚」と笑顔を見せた26歳。明日から始まる生き残りをかけた決勝ラウンドに向けては、「(賞金ランク25位以内に)通るとしてもギリギリかなと思う。非常に遠いですけど、残り2日間も良いプレーができれば。通れば優勝目指してやりたいです」と意気込んだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>