<ウェブドットコムツアー選手権 2日目◇29日◇アトランティックビーチCC (6,849ヤード・パー71)>

米国男子ツアー入れ替え戦の最終戦「ウェブドットコムツアー選手権」は、2日目の競技を全選手が終了。来季のシード権を目指し最後の戦いに臨んでいる石川遼は、この日8バーディ・2ボギーの“65”を叩き出し、トータル6アンダーの45位タイで決勝ラウンドに進出している。

丸山茂樹の息子・奨王がジュニアプレジデンツカップに出場
初日後半の大失速により、イーブンパーの94位タイとシード権確保に向けて崖っぷちに追い込まれた石川。2日目のラウンドは、その初日に悪夢を味わったアウトスタートとなったが、“6”を叩いた2番パー4、“7”を叩いた3番パー3をともにパーで切り抜けると、6番、7番のパー5でともに2オンに成功し、連続バーディをゲット。さらに9番でもバーディを奪い、前半だけで3アンダーまでスコアを伸ばした。

後半に入っても、11番、12番で連続バーディを奪うなど順調にスコアを伸ばした石川だったが、13番パー4でティショットをグリーンサイドのバンカーに入れ、この日最初のボギー。しかし、来季の米国男子ツアーのシード権を獲得するためには予選突破が必要な石川は、15番からの4ホールで3バーディ・1ボギーと奮闘。終わってみれば5バーディ・2ボギーとインも3アンダー。この日だけで6つスコアを伸ばした石川は、順位でも49人を追い越し45位タイでホールアウト。来季のシード権獲得に望みをつないだ。

来季の米国男子ツアーのシード権を獲得するには、全4戦の入れ替え戦での賞金ランクで25位以内に入ることが必要。今大会の開幕前まで賞金ランク22位だった石川は、20位以内でフィニッシュすれば賞金ランク25位以内に入れる見込みとなっており、明日からの決勝ラウンドでのプレーで運命が決まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>