<トップ杯東海クラシック 2日目◇29日◇三好カントリー倶楽部西コース (7,325ヤード・パー72)>

愛知県の三好カントリー倶楽部西コースで行われている国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」の第2ラウンド。全選手がこの日の競技を終え、小平智とキム・ヒョンソン(韓国)がトータル9アンダーでフィニッシュ。首位タイで決勝ラウンドにコマを進めている。

【スイング解説】小平智は「飛ぶ要素が詰まってる」スイング
2打差3位タイに賞金ランク2位の宮里優作、塩見好輝、時松隆光、スンス・ハン(米国)が、3打差7位タイに片山晋呉、星野陸也ら7人が続いた。

2週連続V&大会連覇がかかる片岡大育は3バーディ・3ボギーの“72”と初日に続きスコアが伸び悩み、トータル1オーバー60位タイのカットライン上で辛くも予選通過を果たしている。

【2日目までの順位】
1位T:小平智(-9)
1位T:キム・ヒョンソン(-9)
3位T:宮里優作(-7)
3位T:塩見好輝(-7)
3位T:時松隆光(-7)
3位T:スンス・ハン(-7)
7位T:片山晋呉(-6)
7位T:星野陸也(-6)他
60位T:片岡大育(+1)
60位T:池田勇太(+1)他