<トップ杯東海クラシック 2日目◇29日◇三好カントリー倶楽部西コース (7,325ヤード・パー72)>

愛知県の三好カントリー倶楽部西コースで行われている国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」の第2ラウンド。全選手が前半の競技を終え、16ホールを消化しスコアを5つ伸ばしている小平智が、トータル10アンダー単独首位に浮上している。

仲睦まじい!小平&古閑美保のおしどり夫婦
2打差2位に3打差3位タイに塩見好輝、キム・ヒョンソン(韓国)、スンス・ハン(米国)、3打差5位に丸山大輔が続いている。

2週連続V&大会連覇がかかる片岡大育は13ホールを消化し、トータル2オーバー71位タイと下位に沈んでいる。賞金ランク2位の宮里優作は後半14番までを終え、トータル5アンダー11位タイにつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>