<日本女子オープンゴルフ選手権競技 2日目◇29日◇我孫子ゴルフ倶楽部 (6,706ヤード・パー72)>

「日本女子オープンゴルフ選手権」の2日目。初日が日没サスペンデッドとなったため、この日午前6時46分から再開されていた第1ラウンドが終了し、午前9時からスタートした第2ラウンドでは畑岡奈紗が前半の競技を終え、7アンダー首位タイで折り返している。

女子プロたちの熱戦を写真で!試合の様子が見れるライブフォト
5アンダーで第2ラウンドを出た畑岡は、前半で3バーディ・1ボギーの“34”をマークし、キム・ヘリム(韓国)に並び首位タイで後半戦に突入。藤本麻子は11ホールを消化し、スコアを4つ伸ばして3位タイに浮上している。

昨年の同大会を棄権、今季リベンジを狙うイ・ボミ(韓国)は、トータルイーブンパー・45位タイにつけている。7月の「サマンサタバサレディス」でツアー初参戦・初優勝を果たしたヘリムは、松森彩夏、永井花奈と午後2時13分に第2ラウンドをティオフする。

なお、アマチュアの小倉彩愛が4番パー3でホールインワンを達成している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>