<ウェブドットコムツアー選手権 初日◇28日◇アトランティックビーチCC (6,849ヤード・パー71)>

来季の米国男子ツアーの出場権をつかむため、この試合終了時点で賞金ランク25位以内にいることを目指している石川遼。この最終戦で20位以内でフィニッシュすることができれば、それが達成できる見込みだ。

米国男子ツアーの熱戦を特選フォトでプレーバック
石川の現在の賞金ランクは22位と当落線上。今週が正念場だが、初日は8バーディ・2ボギー・1ダブルボギー・1クアドラプルボギーとかなり出入りの激しい展開に。イーブンパーで94位と大きく出遅れてしまった。

石川はインコースから出ると前半で4つスコアを伸ばし折り返す。後半も1番でバーディを先行させ、スコアを5アンダーまで伸ばしていたが2番でダブルボギー。3番パー3はティショットを池に入れると、3打目も傾斜で戻り2度目の池ポチャに。このホール5オン2パットの“7”。2ホールで6つスコアを落とす大失速となってしまう。

そこからはスコアを1つ戻し、なんとかイーブンとしたがバーディ合戦の試合展開で大きく出遅れることになってしまった。

報道陣への対応中、感情が高ぶり思わず涙をみせた石川。5アンダーから急降下したことが悔しいわけではなく、「いくつでまわってても、関係ないですね。あのミスが本当に何時来てても。結局今まで自分の積み重ねてたものが全部なくなってしまう感覚なので…」と言葉を搾り出した。

状況は厳しい。だが、まだ予選通過への望みはある。大きなミスをなくせば、スコアを伸ばすことはできるはずだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>