男子国内ツアー「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」終了時点の賞金ランキングが発表された。

片岡を“お姫様ダッコ”したのは?
一時、2打差までに11人がひしめき合った大混戦を制して見事優勝を飾った片岡大育が、優勝賞金3,000万円を獲得して23位から8位に浮上。初日から3日目までを首位のまま走りぬけるも、2位タイの結果となった高山忠洋は賞金1,402万5,000円を加算して22位から11位に順位を上げた。

首位から7位までに変動はなく、同大会を不在にするもチャン・キム(米国)が首位を堅守。2位の宮里優作は、キムとの差を183万7,395円まで縮めた。

昨年の同大会終了時点での賞金ランクを見てみると、首位の谷原秀人がすでに1億円を突破。2位のキム・キョンテ(韓国)との差は約1,379万円開いていた。一方今年は首位のチャン・キムが78,448,002 円、3位の今平までとの差も約547万円の接戦となっている。男子国内ツアー秋の陣、今後もますます目が離せない。

【国内男子賞金ランキング】
1位:チャン・キム(78,448,002 円)
2位:宮里優作(76,610,607 円)
3位:今平周吾(72,975,261 円)
4位:小平智(61,204,213 円)
5位:H・W・リュー(58,211,368 円)
6位:池田勇太(58,111,771 円)
7位:片山晋呉(55,351,133 円)
8位:片岡大育(52,960,828円)
9位:ショーン・ノリス(44,135,806 円)
10位:宮本勝昌(42,079,830 円)
11位:高山忠洋(40,196,824 円)
42位:プーム・サクサンシン(14,421,000円)

【昨年同時期での国内男子賞金ランキング】
1位:谷原秀人(102,364,370円)
2位:キム・キョンテ(88,575,967円)
3位:池田勇太(71,483,703円)
4位:ソン・ヨンハン(52,454,966円)
5位:マイケル・ヘンドリー(46,896,728円)
6位:今平周吾(44,344,592円)
7位:塚田陽亮(36,449,341円)
8位:朴ジュンウォン(36,179,223円)
9位:ブラッド・ケネディ(35,816,701円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>