<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 最終日◇24日◇利府ゴルフ倶楽部 (6,551ヤード・パー72)>

宮城県にある利府ゴルフ倶楽部を舞台に開催された「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」最終日。東北高校出身者が多数出場した今大会、最上位でフィニッシュしたのはトータル6アンダーまで伸ばした大江香織だった。

畑岡奈紗、プロ初勝利なるか!?最終戦の模様をリアルタイムフォトでチェック
大江は2番でバーディを先行させると4番パー3でピンにピタリ。集まった地元のファンの大歓声を引き出すと8番でもスコアを伸ばし一時は2位に立った。だが後半は「昨日よりグリーンが固くなって速くなったので、私のセカンドの番手だと中々ピンに狙っていけないシチュエーションが多く、後半の際どいところに切られたピンに上手く打てなかった。それがボギーの原因だと思います」とノーバーディ・2ボギー。サンデーバックナインで苦しみ3位タイで大会を終えた。

ホールアウト後、今大会を振り返り、「苦手意識のあるコースだったのでアンダーで終われて良かったです」と話した。「最近は調子が良くなく、予選落ちが多かったので、難しいコースで不安があったのですが、久しぶりに上位で終われてホッとしました」と安どの表情を浮かべた。

続けて「高校を過ごした宮城での試合だったので、ギャラリーの方が普段よりも多かったですし、スタートコールで“東北高校出身”と言っていただけたのも誇らしかったです」とコメントした大江。地元での上位フィニッシュの流れを来週のメジャーに活かしたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>