<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 最終日◇24日◇利府ゴルフ倶楽部 (6,551ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の最終日。全選手が前半の競技を終え、畑岡奈紗が前半で4ストローク伸ばし、トータル10アンダー単独首位でハーフターン。プロ転向後初勝利をかけてサンデーバックナインに入っている。

畑岡奈紗、プロ初勝利なるか!?最終戦の模様をリアルタイムフォトでチェック
6アンダー首位タイで出た畑岡は、1番の2打目を約1.5mにつけ幸先良くバーディを奪うと、続く2番でもスコアを伸ばすことに成功。結局、前半を5バーディ・1ボギーのハーフ“32”で折り返した。

2打差2位に宮城県の東北高校OG・大江香織、4打差3位に永峰咲希が追走。セクシー・クイーンことアン・シネ(韓国)は14ホールを消化し、トータル1アンダー14位タイにつけている。

なお、畑岡が今大会で優勝すれば、宮里藍の『18歳262日』を上回り、日本人最年少『18歳254日』でのツアー2勝目達成となる。