<ツアー選手権 3日目◇23日◇イースト・レイクGC(7,385ヤード・パー70)>

プレーオフシリーズ最終戦「ツアー選手権」の3日目。首位タイから出たポール・ケーシー(イングランド)が1イーグル・5バーディ・2ボギーの“65”でラウンド。5つスコアを伸ばしトータル12アンダーで単独首位に立った。年間王者に一番近い場所で最終日を迎える。

まさに黄金タッグ!日本のファンを熱狂させた“リョウ&ヒデキ”
同じく首位タイからでたジャスティン・トーマス(米国)はスコアを伸ばせずトータル7アンダー4位タイに後退。ポイントランク首位のジョーダン・スピース(米国)はトータル4アンダー13位タイとなっている。ケーシーが優勝しても、スピースやトーマスは順位しだいで年間王者の可能性が残されている。

2打差の2位タイにはケビン・キスナー(米国)とツアールーキーのザンダー・シャウフェレ(米国)、5打差の4位タイにはトーマスの他、ブルックス・ケプカ(米国)、パトリック・リード(米国)らがつけている。

松山英樹は2バーディ・5ボギーの“73”でラウンド。スコアを3つ落しトータル6オーバー、順位は2日目と変わらず26位タイとなっている。松山は初日同様に前半ティショットが乱れスコアを作れなかった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>