<アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ 3日目◇23日◇カレドニアン・ゴルフクラブ(7,100ヤード・パー71)>

ムービングサタデーのこの日、首位と6打差の8アンダー2位タイから出た今平周吾。この日は3バーディ・3ボギーの“71”とスコアを伸ばせず、順位も4位タイに後退したが、独走状態だった高山忠洋がスコアを2つ落としたため、明日の最終日は4打差からの逆転を狙う。

君は“勝利の女神”だ!初優勝の今平周吾とナイススマイル
前半の2番と6番でバーディを先行させ、独走していた高山を追走していた今平。しかし、「風の方向を読むのが難しかった」と振り返った通り、この日は風の読み違いによるミスも多く、8番、9番で連続ボギー。後半に入っても、バーディとボギーが交互にくる状況で流れに乗れなかった。

ホールアウト後には、「もう少し伸ばしたかった」と本音をこぼしたが、首位との差は前日よりも縮まり、決して逆転が不可能な状況ではない。「前半で少しでも差を縮めて、後半でいいゴルフができれば面白い」と最終日の展開を分析した24歳は、「ティショットとパッティングが鍵」と、逆転優勝へ意気込んだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>