<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 2日目◇23日◇利府ゴルフ倶楽部 (6,551ヤード・パー72)>

宮城県にある利府ゴルフ倶楽部を舞台に行われている「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の2日目。永峰咲希が6バーディ・2ボギーの“68”を叩きだし、トータル6アンダーのトップタイに浮上した。

ずんだ餅の次は“牛タン”!?アン・シネのご当地セクシーウェアはLIVEフォトで
2アンダー・4位タイから出た永峰は出だしの1番で3パットのボギーを叩いたものの2番で2mを沈めて取り返す。さらに7番ボギーの後の8番でも5mを沈めてバーディ。2度のバウンスバックを決めて折り返す。

すると後半で爆発。11番でピンに絡めて3つめのバーディを奪うと、12番パー4では残り149ヤードの2打目を50cmにピタリ。さらに14番では8m、15番では7mとロングパットを沈めて2度目の連続バーディ。バックナインで4つ伸ばして優勝戦線に躍り出た。

「今日はティショットが安定していなくてラフから打つことが多かったのですが、そこから無難に乗せて2パット。そしてチャンスが来た時に決める。そういったメリハリのあるゴルフができたと思います」と振り返った永峰。「グリーンはスピードがある方が好きなので、タッチも合ってるしスコアも良いのでこのコースは好きですよ」と相性も悪くないと話した。

とくれば、目指すはプロ初優勝しかない。「パッティングは良い感じなので、ティショットがフェアウェイに行けばチャンスにつけられる。それを決められれば優勝のチャンスもあると思います」。久々にやってきた絶好の機会、今度こそ逃すわけにはいかない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>